LOVE

自分の快感の高まり方知ってる?イキやすい身体になりましょう♡

投稿日:2019-08-02 更新日:

セックスをしている時、「男性の方がイクのが早いな?」と思ったことありませんか?

それもそのはず!

女性の身体は快感への波が沢山あるから!

波が沢山あるということは、

それだけ気持ちよくなるポイントが沢山隠されているってこと♡

 

今回はその波についてご説明致します♪

 

女性の快感の波について

①興奮期

キスやハグ等のラブスキンシップをはじめ

デリケートゾーンへの刺激&脳の興奮♡により、

愛液が分泌され始め、身体が興奮してきます。

 

身体の変化

バルトリン腺液が分泌されます。

膣内が拡張し、外陰部、小陰唇が充血。

クリトリスが勃起し、子宮が立ち始めます。

 

 

②平坦期(プラトー期/高原期)

興奮の次はどんどん身体が敏感になり、高揚してきます♡

この平坦期は男性より時間が長く、イクのには大事な時間なのです♡前戯はこの時間になります!

膣の中が空間ができ、「もっと締めて!」と言われる方もいるかもしれません。

しかし、精液を膣内に溜めるための身体の仕組み(=オーガズムプラットフォーム)なので、心配する必要はありません♡
身体はしっかり反応している証拠です♡

 

体の変化

バルトリン腺液により膣全体が潤滑になる。

膣入り口から3分の1が隆起。

子宮が上昇し、膣内にテントが形成される。

乳首や乳房が隆起。大陰唇が膨張し、小陰唇が変色する。

 

③オーガズム期

ここがいわゆる“イク”瞬間です!

イクと膣や子宮が、0.8秒に1回痙攣します!

この痙攣により、イッたと男性側が判断することもあります。

 

身体の変化

クリトリスが後退する。

膣と子宮が収縮する。手足が痙攣。

バビンスキー反射

 

④消退期

骨盤周辺の充血やクリトリスの勃起が落着き、
約10〜30分程かけて身体が元の状態に戻っていきます。

男性よりも消退期が長く、この時間にピロートークなど安心するより女性は愛が深まっていくと言われています♡

 

身体の変化

小陰唇や骨盤の充血が穏やかに後退する。

その後も適切な刺激があれば続けてイクことがある。

 

 

 

女性のオーガズム期(=イク)までは約20分程時間が要し、

快感の時間は約20秒と言われています!

男性のオーガズム期までにかかる時間は個人差がありますが、

(早漏と遅漏による異なり)

快感時間は約6秒と言われています!

 

上記の時間を見ても分かる様に、

オーガズムを感じるには前戯が大変重要なのです!

 

前戯がないと、セックスで気持ちよかった♡

と思うことが出来ずに欲求不満になる原因ともなります!

 

もし、男性が前戯を全くしない人ならば、

脳の興奮とデリケートゾーンへの刺激で

快感を高めてオーガズムを感じ易くすることもできます♡

 

身体の仕組みを知ったらもっと
もっとイキ易く&気持ちよいセックスができますよ♡

 

-LOVE

Copyright© ラブジュアリー研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.