ちょっと今日は辛口なお話♡

・彼のテクニックが下手です・・
・痛くて入りません
・全然セ*クスで気持ちいいと思わない

など、私のところに寄せられるご相談の中には快感が得られません!というお悩みが意外と多いです。

でもね、相談する前にちょっと待って!!!少し考えてみましょう。

・セ*クスてだれが主体となるものでしょうか?
・快感は得るものでしょうか?

日本では正常位がメジャーな体位ということもあり、女性自身が「自分がなにかしよう!」という発想が欠けがち。セ*クスは男性側が動くもの♡愛撫も全て男性側がするもの♡と、無意識に考えている方が本当に多すぎます!

基本、受け身状態!!

それでは男性が頑張るばかりではないですか!仕事もセックスも頑張るばかりで負荷が多く、勃つものも勃たなくなりますよ・・・

この問題を解決するにあたり女性器の話からまずはお話し致しましょう。女性の膣周りには肛門付近まで骨盤底筋群という筋肉に覆われています。この筋肉の機能がゆるむと膣の機能が低下し、快感を感じ辛くなると言われています。この骨盤底筋群をはじめ、膣機能を向上させることが快感の近道なのです♡

スポーツ選手などのアスリートは本番の試合に向けてトレーニングをしたり、直前にはパフォーマンスを高めるためのウォーミングアップをしますよね。

セ*クスも全く同じなのです!

 


セ*クス(試合)に向けてトレーニングしたり、パフォーマンスを高めるためウォーミングアップをすると快感(パフォーマンス)が上がるのです!ここでいうトレーニングは、骨盤底筋群を鍛える膣トレーニング。そして、ウォーミングアップは、膣・クリ*リス感度を上げるセルフプレジャー。いわゆる、オナニーです!

 

 

 

 

自分の身体は自分が一番知る♡

 

正直、相談者をはじめ世の女性は

セ*クスは男性がしてくれるものという意識が染み付いている状態。

 

 

しかし、よく考えてください?

 

 

 

あなたのパートナーはあなたの

 

・生理周期知ってますか?

。経血がどの位あるか知ってますか?

・生理痛がどれ程痛いか知ってますか?

・乳腺がどれ程大きく、痛いか知ってますか?

 

どの位あなたの身体のことを理解していますか?

多分、上記の2つ以上知ってる方は稀でしょう。

 

 

 

その位しか理解していない方に、

セ*クスというデリケートな行為で

身体の全てを委ねて、

満足させてもらえると思ってますか?

 

 

心の底から快感を感じたいのであれば、

できれば、以下は知っていたいですね♡

 

 

・自身のGスポットの位置

・自身のデリケートゾーンの形状
・自分の快感ポイント

・責めれると興奮する箇所

・興奮スイッチが入る出来事

 

 

自分の身体は、自分が一番知っている。

自分が一番気持ち居場所は知っている。

彼にはあなたが知らない

快感ポイントを探るお手伝いをしていただきましょう♡

 

 

そうすることで、

痛くて入らないことは減りますし、

セ*クスで気持ちいいと思わない!なんて

悲しい思いはしなくなりますよ♡♡

 

 

 

彼の今のテクニックは

元カノの快感ポイントが基準!

今のパートナーはあなたですよ?

 

あなたの快感ポイントを彼に伝えないと

いつになっても、彼は快感を与えてくれません!

 

 

 

セルフプレジャーを行い、

あなたが自分の快感ポイントを知れば、

彼にその場所を教えることができるので

彼のテクニックも

明らかに向上しますよ♡♡

関連記事

  1. セクシーな女性はどんな女性だと思いますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


 紫陽花 -yukari haruka-
20代の都内OL
「次世代やまとなでしこ協会」代表理事

慶應卒
研究テーマは「多角的な性について」

*毎週金曜日にコラム更新
*月1でイベント開催中

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント